ワキガとよく混同されがちな

多汗症。

 

ワキガを対策しようとしても、

この多汗症と一緒になった対策が

現在、非常に多いため

 

両者を見分けるのは、

中々難しいです。

 

しかし、この

ワキガと多汗症は

全くの別物であり、

 

対策も異なってきますから、

違いを理解することは非常に重要です。

 

今回は、ワキガと多汗症の違いについて

詳しく、考えてみたいと思います。

 

まだ、第二章をご覧になっていない方は、

こちらで、ワキガとは何なのか

 

簡単に、見てみてください。

 

湯島湯島

私は両方持ってますね。

残念ながら。

佐藤さん佐藤さん

いいんじゃないの、それはそれで

湯島湯島

・・・・・

 

 

多汗症は無臭

 

多汗症は、ワキガの原因である

アポクリン腺からの汗ではなく

エクリン腺からの汗が多い場合を指します。

 

エクリン腺の汗は無色で

ワキガのニオイを発することは

ありません。

 

アポクリン腺がわきの下に集中すると言っても

エクリン腺がワキにないわけではないので

 

ワキが汗でびっしょりしている場合も

それだからといってワキガとは限りません。

 

和吉和吉

ニオイと汗。

捉えるものが違うんですね。

湯島湯島

うん。そゆこと。

 

 

多汗症は遺伝的要素がない

 

ワキガは体質です。

それが発症するかどうかは別として

 

基本的に後天的にワキガになることは

ありえません。しかし、

 

多汗症には遺伝的要素はなく

ストレス、食生活など

後天的な要素でなるものですから

 

ワキガは体質

多汗症は体質ではない。

 

 

 

遺伝の要素が薄いと感じた方は

注意が必要かもしれません。

 

和吉和吉

あれ?じゃあ僕、実は多汗症?

湯島湯島

そうと決まったわけではない。

 

 

ワキガと多汗症。併発の可能性もある

 

ワキガと多汗症は全くの別物です。

 

全くの別物というところから

ご想像していただけると思いますが

 

片方だけしか発症しない

ということはありません。

 

 

 

実際に、湯島はこの

ワキガと多汗症、両方持っています。

 

ストレスを感じたときは、

確かにワキの汗は特段ひどいですが

背中など、他の部位の汗も

看過できる量ではありません。

 

なので、多汗症の方は

必ずしもワキガでないとは限らない

ということができます。

 

和吉和吉

なるほど。湯島さんがそう、と。

湯島湯島

うん。残念ながら。

 

 

多汗症の治療目的はワキガと違う

 

多汗症は汗が多く困る。

ワキガはニオイがひどく困る。

 

悩みの分野がそれぞれ違いますから、

治し方というのも、当然変わってきます。

 

 

 

ワキガの最終目的は

ニオイのレベルを落とすことですが

 

多汗症の最終目的は

発汗量のレベルを落とすことです。

 

 

 

ワキガの方が多汗症の治療をしても

汗の量は減るかもしれませんが

 

ワキガがひどい方は

汗をかかなくてもクサイです。

 

 

 

効果が全くないとは言いませんが

効率的に、ワキガの方が

多汗症の治療をするというのは

あまり、おすすめできません。

 

和吉和吉

やはり治すなら、

ワキガに特化したものを

選ぶのが重要ですね。

湯島湯島

うん。他の治療法では

効果が薄くなる。

 

 

いかがでしょうか。

今回は、意外と重要な

ワキガと多汗症の話について

詳しくお話させていただきました。

 

湯島 まこと

 

湯島 まこと

最後までお読みいただき、

本当にありがとうございます!

記事を少しでも「イイネ!」と感じてくれた

そこの優しい「お兄さん!」

湯島のランキングバナーを1回でいいので

押していただけたら、とても嬉しいです!

「あなた」のひと押しが、私の力になります!

ついでに「はてブ」してくれたら、、、

泣いて土下座させていただきます。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ