タバコとワキガの関係はわかった

じゃあ酒はどうなんや?

と言う方のために

 

今回は、酒とワキガの関係について

詳しく見ていきましょう。

 

和吉和吉

タバコは関係なくても

酒とは縁がありますからね。

湯島湯島

さすがに酒は避けられません。

和吉和吉

・・・・ギャグ?

 

 

お酒がワキガに及ぼす影響

 

といっても、基本はタバコと同じです。

 

酒が原因でワキガになることはないが

ワキガは必ず悪化する。

 

 

和吉和吉

やっぱり駄目なんじゃないですか。

 

 

その原因を見ていきましょう。

 

まず、いわゆる「酒くささ」

これとワキガの相性の悪さについてです。

酒くさい状態は酒を飲めば誰でも発生します。

 

最早説明不要なくらいの

「あのニオイ」のことです。

 

 

以前の記事

デオドラント剤の効果が出ない悩みを一発解決!

でご説明させていただいた通り

 

ニオイは混ざることで

相乗効果でひどくなりますので

 

酒くささとワキガ臭が合わさった結果

余計にとんでもないニオイが

体から発せられることになります。

 

 

佐藤さん佐藤さん

混合ニオイなんてウェルカム以外のn・・・

湯島湯島

つレッドカード

 

 

 

 

アルコールの作用について

 

アルコールには

発汗を促進する作用があります。

しかも、ものすごく強い作用です。

 

発汗が一度促進されてしまえば

ニオイ菌の栄養たっぷりの

アポクリン腺からの汗が

ドバドバ出てくることになり

 

(ここではワキガ原因である

アポクリン腺の汗にしか触れていませんが

エクリン腺の汗も増えています。)

 

そこでその栄養菌が

ワキガをさらに増長させて、、、

残念なほどひどいワキガが完成です。

 

和吉和吉

結構ワキガ促進物質多いですね。

湯島湯島

困ったことに。そうなのよね。

 


 

ワキガにはタバコよりも危険なお酒

 

タバコ臭は言ってしまえば

口から発生するものですので

ニオイの混ざり度は低いですが

 

アルコール臭は全身から出ますから

ニオイの混ざり度に関しては

酒の方がタバコよりひどいです。

 

ですので、実は

タバコよりも酒の方が

ワキガに対する悪影響は大きい

ということになりますね。

 

和吉和吉

そうなんだ・・タバコ吸ってなければ

問題ないと思っていました。

湯島湯島

そういうわけにもいかないのよ。

本当は酒の方がやばいんたよね。

 

 

 

 

とは言うものの

ワキガの要因の1つである

ストレス軽減効果

これもアルコールにはありますから、、

 

 

まさに諸刃の剣と

いったところですね。

 

 

 

何が言いたいかというと、、

お酒はダメとは言いませんが

ほどほどにしておきましょう。

 

 

どうしても飲酒を避けられないときは

その時だけデオドラント剤を使うのも

ひとつの手だと思います。

 

シービック/デオナチュレ 男ソフトストーンW 20g

 

 

短期的な効果は保証されてますからね。

一時的に酒の席だけワキガを抑えたいなら

この対策も一考の余地は

あるのではないでしょうか。

 

 

和吉和吉

確かに。一時的なら

これに頼っても問題ないですね。

 

 

今回は、お酒とワキガの関連性

これについて、お話させていただきました。

 

湯島 まこと

湯島 まこと

最後までお読みいただき、

本当にありがとうございます!

記事を少しでも「イイネ!」と感じてくれた

そこの優しい「お兄さん!」

湯島のランキングバナーを1回でいいので

押していただけたら、とても嬉しいです!

「あなた」のひと押しが、私の力になります!

ついでに「はてブ」してくれたら、、、

泣いて土下座させていただきます。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ