この記事には男の下ネタが多分に含まれています。

閲覧の際は十分にご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

自慰行為。

 

オナニーとも呼ばれし、

ある意味男の生きる原点ともいえる、

避けては通れない「アレ」。

 

実は、ワキガとも

意外な関係が、、、。

 

今回は、そんな意外な盲点について

お話したいと思います。

 

佐藤さん佐藤さん

555-456-0721

湯島湯島

懐かしいね。

ちょうど2013年だったもんね、

私たちのセンター試験。

佐藤さん佐藤さん

スピンスピンに隠れたけど

こっちもなかなかに見事だったよ。

センター試験過去問研究英語(2018年版) (センター赤本シリーズ)

 

 

 

ホルモンバランスと自慰行為の関係

 

自慰行為。

 

簡単に言ってしまえば、

性的興奮を得るための手段ですよね。

身もふたもないですけど。

 

 

 

実は、性的に興奮すると

体内のホルモン分泌量が

大幅に上昇して

 

ワキガ原因のアポクリン腺からの汗。

これに関わってくる、ホルモンバランスが

かなり、乱れてしまいます。

 

 

 

性的興奮で、ホルモンの

分泌量が増えるのは簡単に

ご想像いただけると思います。

 

ホルモンというのは、

活動が乱れてしまうと

アポクリン腺を刺激してしまうので

 

そこから、アポクリン腺からの

汗の量が増えてしまい、

ワキガ発生菌を増殖させる。

 

そうして、ワキガが

たちまち悪化してしまうわけです。

 

 

 

オナニー。侮りがちですが

実は、かなり「イケない」要素の

ひとつとなっています。

 

 

和吉和吉

意外とまともな説明ですね。

湯島湯島

意外とってなんだ、

最初から大真面目だよ。

 

ホルモンバランスを乱す

大きな要素としては、他に

ストレスが挙げられますが、

 

実際、ストレスと同じくらいには

危険が、自慰行為には潜んでいます。

 

ストレスに関して気になる方は

こちらの記事

も、合わせてご覧ください。

 

 

オナ禁は無理。なら対策は?

 

この自慰行為によるワキガ悪化。

避ける最善策は当然、

 

自慰行為をしない。

 

「オナ禁」

 

これが、最善策となるわけですが、

 

 

無理ですよね、知ってます。

湯島も無理ですよ。安心してください。

 

 

では、どうやって軽減すればいいのでしょう。

 

 

 

主に2つ、簡単に出来るかはわかりませんが

対策自体は、あります。

 

1 道具の使用禁止

 

こういってしまってはなんですが

 

自慰行為をするときに道具を使わない

 

これだけで、ホルモンバランスの乱れを

大幅に減らすことができます。

 

 

 

強すぎる刺激を避けることによって、

オナニーしても、影響を減らせます。

 

TE●GAとかが代表例でしょうか。

 

 

 

ワキガが気になるあなたは、

手でしましょう。静かに。

 

 

2 夜間の自慰行為禁止

 

ホルモンというのは、

寝ている間に多く分泌されます。

 

そのためホルモンバランスを崩したまま

寝てしまうと、ワキガへの影響。

アポクリン腺への刺激が、

より一層、大きくなってしまいます。

 

 

 

昼間の自慰行為が効果的なわけでは

決してありませんが、

 

夜間の自慰行為の悪影響は大きいので、

これを避けるだけでも、

かなり効果的と言えるでしょう。

 

佐藤さん佐藤さん

濃いね。内容が。

湯島湯島

濃くなかったら意味ないだろ。

 

 

いかがでしょうか。

ネタがネタですが、

 

今回は意外と見落としがちな

ワキガの盲点。

 

詳しく、見てみました。

 

湯島 まこと

 

 

湯島 まこと

最後までお読みいただき、

本当にありがとうございます!

記事を少しでも「イイネ!」と感じてくれた

そこの優しい「お兄さん!」

湯島のランキングバナーを1回でいいので

押していただけたら、とても嬉しいです!

「あなた」のひと押しが、私の力になります!

ついでに「はてブ」してくれたら、、、

泣いて土下座させていただきます。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ