自己臭恐怖。

以前お話させていただきましたが

一言でいうなれば、

ニオイ恐怖症。

 

 

以前の記事(この番外編の元記事)

120%手術では治らない「自己臭恐怖」の治療法

ここで、自己臭恐怖は

精神疾患の可能性がある

 

というお話をさせていただきました。

 

 

今回は、実際の「精神疾患」である

パニック障害との共通点

ここから、私の経験談を添えて

私にしかできない話をさせていただきます。

 

和吉和吉

なんだか重そうな話ですね。

湯島湯島

そんなに重くとらえなくても平気よ。

 

 

 

湯島まことのパニック障害について

 

まず少し「私の」パニック障害について

お話させていただきますね。

 

私がパニックになった原因、それは

通勤ラッシュの混雑への恐怖です。

 

今、私が住んでいる「神奈川県」

ここは、全国で最も

通勤、通学時間が長い県として

知られ・・・てはいませんが

最も通勤通学に時間がかかる県です。

 

 

通学時間が長いということは

それだけ、「疲労」度も高い。

 

いわば、みんなが「ピリピリ」している

そんな状況なのです。

 

 

エスカレーターは歩くもの。

一秒でも時間が惜しい。

何としてでも座らなければ。

などなど

 

 

様々な人が発する「ストレス」に

恐怖を感じてしまったわけです。

 

 

最初のうちはそこまでは

恐怖は感じていませんでしたが

2年3年と経っていくと

恐怖は徐々に植えつけられるもの。

 

 

徐々に「恐怖」に耐えられなくなり

パニック障害を起こしたわけです。

 

佐藤さん佐藤さん

そんなこともあったね。

湯島湯島

そういえば君は古くからの友人

という設定だったね。忘れてた。

 

 

 

パニック障害と自己臭恐怖の共通点

 

パニック障害と自己臭恐怖。

 

完全に違うものに見えても・・・

 

他者への「恐怖」が

    頭から離れなくなる

 

という点が共通しています。

 

 

 

「思い込み」ほど

怖いものはありません。

 

 

 

「恐怖」に限った話ではありません。

思い込みを「捨てる」ことは

並大抵の努力で何とかできるとか

そういう問題ではないんですよね。

 

 

 

自力ではどうしようもないと悟った私は

「精神科」のドアを叩くことにしました。

 

何かしら「外部からの治療」が必要であると

考えなくても悟ってしまったんです。

 

 

 

今、私はいわゆる「精神薬」を

あれから4年たった今でも飲んでいますが

 

それでも。改善はしますが

完治には至っていません。

 

湯島湯島

ひどくなってしまうと

その分治りも遅くなります。

和吉和吉

経験者はいう事が違う・・・

 


 

 

自己臭恐怖を放置しておくと大変なことに

 

自己臭恐怖。

文字にすると簡単ですが

本当にそれで悩んでしまうと、

 

「恐怖の思い込み」から

離れられなくなってしまい

 

 

 

パニック障害を

併発してしまいます。

 

 

 

自己臭恐怖という言葉で

まだ済んでいる「あなた」は

おそらく心のどこかで、まだ

「恐怖を避ける」ことができます。

 

 

 

しかし、時間の問題です。

助け舟がなければ

精神に異常をきたします。

 

本物の経験者が言うのですから

これは間違いありません。

 

和吉和吉

なるほど、でもどうすれば?

 

 

ストレス許容量は個人差がありますが

限界は必ず存在します。

 

どうか、限界に達する前に

誰かと共有してほしいです。

 

 

私でもいいです。

電話のカウンセラーでもいいです。

もちろん病院でもいいんです。

 

誰でもいいですから、

恐怖に対するストレスのはけ口を

作る必要があります。

 

溜め込むことが1番ダメなんです。

 

 

 

本物のワキガ体質でも

実際はワキガでなかったとしても

 

恐怖を感じれば自己臭恐怖症に

そして「精神疾患」に。

 

軽ければ軽いほど

治るのも早いんです。

 

 

 

本当に、

「他者にニオイが伝わるのが怖い」

と感じたら、ためらわずに

誰かに相談してください。

 

和吉和吉

なるほど。

大切なのは共有なんですね。

湯島湯島

うん。これは間違いない。

 

 

私に相談したい方、いましたら

こちらのリンクからメールを

送ってほしいです。

湯島に相談したい方はこちらです。

 

 

 

 

なかなかこういうことを言うのは

勇気が必要ですが

 

しかし、だからこそ

「自己臭恐怖」と「精神疾患」の

関連性について言う人はいません。

 

この話は、私にしかできない。

そういうことを思いながら

伝えられることを伝えてみました。

 

番外編ですので、今回はこれで

終わりにさせていただきます。

 

次回の更新も

見て頂けるとありがたいです。

 

よろしくお願い致します。

 

 

この番外編の元記事はこちらです。

120%手術では治らない「自己臭恐怖」の治療法

 

元記事の次の記事はこちらです。

 「手術と治療」失敗する前に学ぶべき違い

 

湯島 まこと

 

 

 

 

湯島 まこと

最後までお読みいただき、

本当にありがとうございます!

記事を少しでも「イイネ!」と感じてくれた

そこの優しい「お兄さん!」

湯島のランキングバナーを1回でいいので

押していただけたら、とても嬉しいです!

「あなた」のひと押しが、私の力になります!

ついでに「はてブ」してくれたら、、、

泣いて土下座させていただきます。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ